最近好きな音楽・漫画など

2018年も半分終わったっぽい。凄い勢いで日々が過ぎていく。去年は区切りだなんだって記事を書いていたのに、今年はそんな余裕すらない。何が平成最後の夏だよ、あっという間に終わるわ! 久々に、家にいるのに「帰りたい」と無意識に独り言をつぶやくように…

日記(2018.6.4)

このブログもコンテンツが増えてきて、毎日コンスタントに人に見てもらえるようになってきた。とてもありがたい。インプットしたらその分アウトプットはしていたい、その気持ちを最も満たしてくれるのはブログだなー。前の記事、ミツメのライブ見た後すぐに…

2018.5.27 ミツメ サウナの梅湯3周年記念『煙突』@サウナの梅湯

久しぶりにミツメのライブに行った。昔、ミツメの1stが出てしばらくの2012年頃は、ミツメが大好きで関西のライブがあれば毎回飛んで行った。曲がサイケ寄りになってからあまりライブに行かなくなって、今回は久しぶりに足を運んだ。 わざわざ記事を書くほど…

東京日記(2017.3.9〜12)

二泊三日で、久しぶりに一人で東京に行った。 新幹線に乗って遠出するときは、ライブやイベントに合わせて行くことが多いのだけれど、今回は、いろんな人に会うためだけに足を運んだ。 そもそも私は東京に仲の良い友達がとても多いのだ。おみやげの他、ビー…

日記(2018.2.27)

最近のこと。いつもとはなんか違う、大きいことが、たくさんあった。 まず、髪を茶色に染めた。 ここ数年、黒髪ボブがトレードマークみたいになってた私にとって、これは本当にすごいこと。何度も染めたことはあるけど、決断にはめっちゃ時間かかった!痛む…

エスパー/ミツメ

なんだか変なお菓子のパッケージや、不思議な曲のタイトルを見かけると、「たぶんあの人はきっとこんな風に例えるだろうなあ」と想像がつく。そしてその予想はだいたい当たる。そのたびに「やっぱり」と、相手を知っている優越感に心が満たされる。今思えば…

日記(2018.2.3〜4)

最近は、流れに身を任せながら生きている。少し先週の日記。 土曜日。昨年の今頃、複数の同じ悩みを抱えて、コメダ珈琲で泣いたり笑ったりしながら一緒に転職活動をしていた友達と、いつも通りコメダ珈琲へ。昨年の春に転職に成功したはずの彼女は、来月で仕…

映画「勝手にふるえてろ」感想 -本当はこんな風に怒ってみたかった-

友達に誘われて観に行った「勝手にふるえてろ」。昨年末に観てから、今もなお映画にまつわるいろんなことを考えてしまっている。以下、感想ネタバレです。ご注意ください。 映画を終わった瞬間、私は興奮で震えていた。そして、近くの席の女の子たちが口々に…

日記(2018.1.12)

年末に引いた風邪が治らない。咳と鼻水がひどく、同じ部屋の人たちにも申し訳なくて、会社を休んでも比較的迷惑のかからない今日を選んで休みを取った。昨日の夜早めに寝て、朝遅くに起きて、それから二度寝ようとベッドに潜り込んでいるけれど眠れない。ぶ…

あけましておめでとう

年が明けた。 三が日は、元旦の0時を指した瞬間から、どこにいても空気が冷たく澄んで、正月のテレビ番組を見ていてもマイナスイオンみたいなのがバーッと飛んできて「ねえ今年はどうするの」と急き立てられてる気持ちになるのがすごく嫌で、師走から想像し…

2017年を振り返って

2017年も暮れに近づき、意味を持って過ごしたこの一年だけは、何があっても言葉にまとめておかなければならないと思う。 最近椎名林檎の活躍ぶりに胸を打たれる。「人生は夢だらけ」を聴いただろうか。 椎名林檎 – 人生は夢だらけ 高校生のとき、無罪モラト…

2017年11月25日 平賀さち枝 まっしろな気持ちで会いに行くツアー@京都UrBANGUILD

とてもとてもよかった。込み上げてくるたくさんの気持ちがあった。ライブが終わった後、「帰りたくない」そればっかり頭の中に広がって、仕方なく、1人三条のスターバックスでぼーっとしていた。鴨川を挟んだ三条京阪のネオンが私は大好きだ。京都で遊ぶよう…

秋の行楽のきろく

今年は本当に友達に恵まれた一年だなあと思う。 しょうもない遠慮がなくなったおかげで、誰とでも気楽に会えるようになったし、会いたいと思えば自分で場を作るようになった。例えば、小学校の頃大好きだった担任とうちの母親が、仕事の関係で会うことがある…

日記(11/8)

ひっそりホットヨガを始めて1か月経った。 楽しくて気持ちよくて仕方がない。転職活動のストレスで、「もういややーー!!!ずっとやりたかったこと、やったるーー!!!うおーーーー!!!」の勢いで体験に行って即契約し、今や週3くらいで通っている。本当…

結婚式

いろんな人からの連絡に返事もせず、眠りたくなくて、本棚をぼーっと眺めている。こんな気持ちの時に読むべき本や漫画や音楽が私の部屋にはたくさんあるはずなのに、すぐに思い当たらない。いつも私は自分の身に覚えのある感情との重なりを求めて漫画を集め…

広島カープが変えてくれたこと

2016年夏、我が家は約10年ぶりに家族旅行に行った。はっきり言って、奇跡のようなことだ。家族旅行なんて、疲れるだけで行こうとすら思わなかった。少し前までは、家族団らんの中心になるはずのリビングの存在にプレッシャーを感じる程、自分の部屋にいる時…

日記 (9/9)

以前ブログに書いたお姉さんと、久しぶりに一緒に飲みに行ってきた。 mkkm1229.hatenablog.com 古着っぽいオレンジのスカートにマーチン履いてて、やっぱりかっこよかった。嬉しくて超酔っぱらうことを予想して、久々にウコンを飲んでから居酒屋へ。スーベニ…

日記

ただぼやくだけ。文章を書きたいので、最近あったことを少し。 ■8/23 柴田聡子~追加公演は遅れてやってくる~@磔磔 本日はバンドセット。同じツアーを二度見に行くなんてことは、どんなに好きなバンドでもめったにないので、今回は京都アバンギルドに続い…

7日間の夏休みのきろく

本当によく遊んだ夏休みだった!せっかくなのでまとめておく。 1日目怖い絵展へ。 www.kowaie.com とても混んでいると聞いていたので、午前中から。ボリュームがめちゃくちゃあって驚いた。全部見るのに2時間近くかかった。昔大流行したダ・ヴィンチ・コード…

【7/29(土)】FUJI ROCK FESTIVAL2017 2日目

「こんな過酷なフェス、もう絶対行かねー!!」と思ってから、6年ぶりのフジロック。想像の何倍も楽しい時間だった。特に土曜なんか雨がきつくてゴアテックスでも若干染みてくる程だったけれど、そんな中の待ち時間ですら楽しかったし、特別良かったなあと思…

さくら/西加奈子

半分くらい読んでいたけど、それから半年間放置。最近になって続きを一気に読んだ。いろんな作家がいるのに、本って何を読めばいいのかよくわからない。いいなと思った作家の本を遡ってずーっと読み続けていて、西加奈子がその代表的な一人だ。自分の性格が…

あなたはあなた/柴田聡子

「愛の休日」は、私的2017年アルバムベストオブザイヤーになること間違いなし。前のレビュー記事をあげたときの100倍ハマっている。そのときは、柴田聡子の人間たる魅力に迫っていたけれど、今は曲の魅力にどっぷり浸かっている感じ。「まさか、自分が、柴田…

永遠に銀河の風に吹かれて

遂に2017年も半分が終わってしまった。「また歳をとるなあ」と、いつものような悲しい気持ちにはならない。「ちょうど半分くらいかな」と思えるペースとボリュームで日々自分が柔らかく変わっていくのを実感しているからだと思う。速すぎず遅すぎず、どちら…

タイコクラブに行ってきた

人生初、タイコクラブに行ってきた。 キャンプを必要とするフェスに関しては、フジロックで経験済みだけど、こんなに快適なものかと驚いた。フジロック3日間は、物理的な部分でかなりしんどかったのは事実。タイコは以下の3点がかなりクリアだったのが良かっ…

愛の休日/柴田聡子

初めて初期のライブ映像を見たとき、失礼を承知で言うと、爆弾みたいな人だなと思った。理由は、歌っている姿が何か訴えようとして怒っているように見えたことと、歌詞に突拍子がなくて、何をしでかすかわからない危なっかしさを感じたからだった。さらに、…

スピッツのアナログ盤再発に寄せて

スピッツのアナログが再発する。夢みたいな話だ。スーベニアのアナログ盤が手に入るなんて。他のアナログは最悪手に入らなくてもいいけれど、これだけは…そういう特別な想いがある。アナログ盤は、発売当時CDでスーベニアを買った店で予約した。どうしてもこ…

にこたま/渡辺ペコ

面白い漫画貸してと言われたので、大好きな渡辺ペコのにこたまを貸した。 以下ネタバレです。 にこたま(1) (モーニング KC) 作者: 渡辺ペコ 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2010/01/22 メディア: コミック 購入: 5人 クリック: 178回 この商品を含むブログ…

2017年やりたいことリスト

備忘録。2017年やりたいことリスト ・競馬 ・よしもと新喜劇観覧(できればすっちー回でドリル…) ・マツダスタジアムでカープ観戦 ・寝そベリア ・山登り ・転職 ・タイコクラブ ・フジロック ・ゴアテックスのマウンテンパーカー買う ・ZINEつくる ・体調…

春と盆暗/熊倉献

とにかく装丁の色合いが抜群! 自分の部屋に漫画を飾れるスペースがあるなら飾りたい! ここ最近の漫画の中で、ダントツでジャケ買いする人が多いのでは… 春と盆暗 (アフタヌーンKC) 作者: 熊倉献 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2017/01/23 メディア: コ…

私と西加奈子と2016年

昨年、西加奈子の書く本にハマった。 だいたい私は女くさい話が好きで、田辺聖子の「典子三部作」とか角田光代の「対岸の彼女」なんかが好きなのだが、西加奈子はそういう方面から好きになったというよりは、全肯定型なところを好きになった。彼女の本の帯で…